FC2ブログ

■第258回例会

10月20日は、10時~英語例会、11時~日本語例会の流れで例会を行いました。
赤羽会館4階でいつもより小さめの部屋でしたが、
メンバーの笑いや反応が良く、大変盛り上がりました(^^)

初司会のIさんが、事前にプログラム管理をしっかりされていて、
時間管理、プロジェクタの有無、配役対応など、プログラム通りの進行でした。

英語の今日の言葉は"Effectively"ということで、
メンバーは例会中その言葉を意識して使っていました。

スピーチ1本目(英語)では、”Who helped you?" というタイトル。
Sさんのトーストマスターズに入会したときのエピソードと、
クラブに参加するゲストへの温かい対応をすることで、
自分自身のサービス力アップにつながることを解りやすく、熱く説明してくださいました。

スピーチ2本目(英語)では”Catch first!" というタイトルの
Aさんの仕事での苦いregretful experience 失敗談でした。
6人の配役を活き活きとストーリーに登場させ、
Aさんの失敗から学んだことは、
相手のことを先に受け止めること~Catch first~ということを教えてくださいました。


テーブルトピックス(英語)では、
ノーベル賞受賞者本庶先生のストーリーから始まり、
iさんから以下の短時間即興スピーチのお題がありました。
”What is your recent discovery?"
”What is your favorite animal?"
”What is your recent failure?"

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本語例会では、
今日の言葉「爽籟(そうらい)」。
秋の爽やかな季節のことを言うのだそうです。
難しい言葉にも関わらず、何人かのメンバーが意識して使っていました。

スピーチ3本目(日本語)はワークショップ「聴衆を知る」でした。
スピーチを作る準備で、聴衆を知っておくポイントや、
事前情報からどんな準備をしたら良いか、私(M)がお話しいたしました。

テーブルトピックス(日本語)マスターIさんより
「テーブルトピックスは、急に話を振られたときの訓練。失敗しても問題ないですよ。」 という言葉。
「好きなノーベル賞受賞者は誰ですか?」
「前例がない例会を作るとしたら、どんな例会を作りたいですか?」
というお題でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤羽バイリンガルTMCでは、土曜日の朝からスピーチ・リーダーシップを学んでいます。
皆さんのフィードバックがとても温かく、温泉のような暖かな雰囲気の中、各々話し方・聴き方を磨いております。

次回は11月3日(土)10時~12時(日本語→英語)、
赤羽会館第7集会室です。
みなさまのお越しをお待ちしております♪

<受賞者とスピーカーの皆さん>
1020.jpg

<今日のテーブルトピックスの様子>
1020-2.jpg
スポンサーサイト

土曜日午前のバイリンガル

akabane

Author:akabane
FC2ブログへようこそ!

トーストマスターズクラブ

例会報告

今後の例会日程 / Schedule

★どうぞお気軽にお越しください★

★2018/11/17 9:30-11:30 
(★特別例会で開始時間いつもより30分早まっています。)
 赤羽会館 3F 第2集会室
 Akabane-kaikan 3F #2 meeting room

★2018/12/1 10:00-12:00
 赤羽会館 4F 第7集会室
 Akabane-kaikan 4F #7 meeting room

★2018/12/15 10:00-12:00
 赤羽会館 3F 第2集会室
 Akabane-kaikan 3F #2 meeting room

さらに詳しく...
Complete schedule

活動日/Schedule

●活動日/Date
第1、第3土曜日
/1st and 3rd Saturdays of each month
●時間/Time
10:00~12:00 AM
●活動場所/Place
赤羽会館 /JR京浜東北線 埼京線 赤羽駅から徒歩5分
Akabane Kaikan/ JR Akabane Sta about 5 minutes walk
北とぴあ /JR京浜東北線・東京メトロ南北線 王子駅から徒歩2分
Hokutopia/ JR or Tokyo Metro Oji Station, about 2 minutes walk

ブログ内検索/Search

月別アーカイブ/Archives

リンク/link

ゲストの皆さんへ/Guests

入会の案内&問い合わせ先
Membership&Contact
FAQ[日本語]
FAQ[English]

ゲスト参加には参加費用はかかりません。参加希望メール大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。